/

将棋の名人戦 豊島将之二冠が挑戦(盤外雑記)

豊島将之二冠

将棋の第77期順位戦のA級リーグで、豊島将之二冠(王位・棋聖)が8勝1敗のトップとなり、初の名人挑戦を決めた。佐藤天彦名人との七番勝負第1局は4月10~11日、東京都文京区で指される。

B級1組に降級となったのは深浦康市九段と阿久津主税八段。B級1組では渡辺明二冠(棋王・王将)がA級昇級を決めている。

囲碁の第7回CCTV賀歳杯新春争覇戦は、韓国の朴廷桓九段が優勝した。中国の柯潔九段と日本の芝野虎丸七段は及ばなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン