/

この記事は会員限定です

自然災害 被害「予測」で先手、損保大手 保険金支払い迅速に

[有料会員限定]

地球温暖化で自然災害の脅威が増すなかで、国内外の損害保険大手が被害を予測するシステムの開発を強化している。人工衛星の画像や膨大な気象データを人工知能(AI)などで分析して被害を予想し、保険金の迅速な支払いにつなげる狙いだ。損保業界にとって巨大化する災害リスクへの対応は大きな課題で、最新のデジタル技術を駆使して先手を打つ。

東京海上日動火災保険は衛星データ解析を手掛ける米オービタル・インサイトなどと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン