ロボットはご飯を食べない 古川日出男

エッセー
2019/3/11 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私は福島の出身なので、東日本大震災が起きた時には突き動かされた。初め、自分の仕事には意味がないなと絶望した。小説家がどう役に立つ? それから、意味のある仕事だとか意味のない職業だとか、その人の存在の価値がどうのこうのだとか、そんなものとは無関係に多数の人びとが被害に遭われたのだとの事実をきちんと噛みしめることができるようになった。

ならばやれることがある、と思った。

たとえば私は無料の、2日間の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]