/

この記事は会員限定です

大阪・淀川の砂、実は高品質 砂場やビーチバレーで重宝

[有料会員限定]

大阪平野を流れる淀川で採取される砂の品質の高さが注目されている。主にコンクリートに混ぜる建設資材として利用されてきたが、肌触りや水はけの良さから保育園の砂場やビーチバレー会場などに用途が広がっている。淀川のように砂が堆積しやすい長い河川は西日本では少ない。大阪府も「水都大阪」の魅力の一つに挙げてPRしている。(島田直哉)

2018年4月に移設して開園した京都府京田辺市の「やすらぎ保育園」。園児が楽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン