イチロー フィールド

フォローする

イチローは「見えない敵」とも戦っている
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2019/3/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

今年から米大リーグ、マリナーズの本拠地は「セーフコ・フィールド」から「Tモバイル・パーク」に名前が変わった。ちょうど昨年で命名権が切れ、現マリナーズ筆頭オーナーのジョン・スタントン氏が創業した携帯電話会社の現在の社名が、新たな球場名となった。

シアトルらしい小雨が降り続いた1月3日午前、そのTモバイル・パークでは菊池雄星の入団記者会見が行われていたが、くしくも同じ時間帯にイチローも同じTモバイル・パークにいて、練習をしていたという。

まさかあの瞬間、あの同じ場所で。

しかし、練習をしていたという事実に驚く人はいない。地元メディアの一人も「日本にいるはずなのにシアトルにいたらびっくりするけれど、シアトルにいるなら不思議はない」と話した。

その3週間後、マリナーズはイチローとマイナー契約を交わし、春のキャンプに招待選手として参加させることを発表した。時間の問題といわれていただけに、その点でも驚きはなかったが、発表はプレスリリース1枚。記者会見もなかった。

若手優先のチーム方針

たまたま同じ日、監督やゼネラルマネジャー(GM)らがキャンプ前の記者会見を行う予定だった。当然、イチローに関する質問も飛んだが、このときジェリー・ディポトGMは方針を明確にしている。

「今年は、若い選手にチャンスを与える」

若手を優先するチーム状況にあって、イチローは結果を残し続けるしかない=共同

若手を優先するチーム状況にあって、イチローは結果を残し続けるしかない=共同

その明確な意思表示は、キャンプインしてからも折にふれて実感させられる。

2月22日、イチローが2打席目にオープン戦初安打を放った。試合後、「さすが野手のいないところに打つのはうまい」と話したスコット・サービス監督だったが、こう続けた。

「ただ、何度も言っているように、うちのチームは若い選手にチャンスを与えていく」

たとえば、若い選手とイチローのどちらを起用するか。1年を終えたとき、イチローの方がいい成績を残すだろうと予想できたとしても、おそらく優先して使われるのは若い選手だろう。今のマリナーズでは。もちろん、マリナーズがプレーオフを狙えるチームであるなら話は変わってくる。しかしチームは、再建にかじを切った。プレーオフが視野に入るのは早くても2021年。今は、育成に主眼を置く。

サービス監督も板挟みである。勝たなくてもいいといわれても、本当に負けが込んでチームの雰囲気が悪くなれば、その責任を取らされる可能性がある。となると、勝てるベストなメンバーで戦いたい。しかし、ディポトGMからは、とにかく若手を使えとクギを刺されている。彼らがものになるかどうか見極めたい。

その一方で、2人はイチローに高い敬意を払っている。

ディポトGMが「マリナーズのレジェンド。これまで、フランチャイズに様々な形で貢献してくれた」と話せば、サービス監督も「存在そのものが若手の手本。代えがたい存在」と語る。

なら、イチローをロースター(メジャー出場選手登録の25人枠)に残してもいいのでは、と考えられるが、それはそれ、これはこれ――。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
イチローウイークエンドで配られたイチロー人形

 9月14日午後5時49分、ホームの白いユニホームをまとったイチローが一塁側のダグアウトから姿を見せると、球場全体が大きな歓声に包まれた。
 2分後、ダグアウトに控えていたチームメイトらが全員出てきて、 …続き (9/16)

試合に備えた全体練習が始まる前、バットを手にゴードンと話すイチロー(右)

 ユニホームのパンツ、紺のアンダーシャツ姿のイチロー(マリナーズ会長付特別補佐)が、グローブを持ってフィールドに出てくるのは通常、午後1時半すぎ。客席には人ひとりおらず、売店の店員らがぽつりぽつりと姿 …続き (8/5)

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同共同

 5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを …続き (5/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]