2019年9月21日(土)

都道府県の医療計画とは ベッド数の抑制狙い導入
きょうのことば

漂流する社会保障
2019/3/3 2:15
保存
共有
印刷
その他

▼都道府県の医療計画 都道府県が地域事情に即した医療体制を確保するために作る指針。1973~83年の老人医療費の無料化で急増したベッド数を抑える狙いで85年に全国で導入された。手術や入院までの医療が受けられる地域として、隣接する市区町村を束ねた2次医療圏を設定。圏域ごとに年齢構成や平均入退院日数などを基に必要とする「基準ベッド数」を定める。その数を上回る過剰なベッドがある2次医療圏の比率は現在86%に達する。

計画期間は従来5年だったが、介護保険事業計画と周期が合うように2018年度が初年度の第7次計画から6年周期に変わった。今ではがんなど5つの疾病と救急医療など5事業、在宅医療といったテーマごとに現状分析と課題、期間中の施策と数値目標を盛り込んでいる。

一方で急速な高齢化が進む25年時点の医療のあるべき姿をまとめたのが「地域医療構想」。緊急の治療ニーズは少ない高齢者向けにリハビリを施すベッドの割合を現在の1割から3割強に高め、重症患者向けのベッドは6割強から45%へ引き下げを目指す。

【関連記事】
過剰ベッド減らぬ病院 5年で14%増、医療費は膨張
過剰ベッド、大病院も深刻に 入院数5年で4%減
地域包括ケアとは 医療や介護、在宅を中心に
老いる患者、医療どう変わる
がん治療、地域格差なくせるか 拠点病院の要件見直し
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。