/

この記事は会員限定です

溶融燃料の完全撤去「難しい」 東電廃炉トップ

[有料会員限定]

2011年の福島第1原発事故から8年を迎えるにあたり、廃炉を率いる東京電力の小野明・福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者が日本経済新聞社のインタビューに応じた。炉心溶融(メルトダウン)により溶け落ちた核燃料(デブリ)を全て取り出すのは「かなり難しい」と語った。

東電は2月13日、2号機でデブリをつかみ持ち上げることに初めて成功。これについて「結果を踏まえて取り出し方法を考える」と前向きに評価した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン