2019年5月24日(金)

溶融燃料の完全撤去「難しい」 東電廃炉トップ

環境エネ・素材
北海道・東北
科学&新技術
2019/3/2 17:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2011年の福島第1原発事故から8年を迎えるにあたり、廃炉を率いる東京電力の小野明・福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者が日本経済新聞社のインタビューに応じた。炉心溶融(メルトダウン)により溶け落ちた核燃料(デブリ)を全て取り出すのは「かなり難しい」と語った。

東電は2月13日、2号機でデブリをつかみ持ち上げることに初めて成功。これについて「結果を踏まえて取り出し方法を考える」と前向きに評価した…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報