2019年8月19日(月)

過剰ベッド、大病院も深刻に 入院数5年で4%減
漂流する社会保障 NIKKEI Investigation

漂流する社会保障
2019/3/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

病院の過剰ベッドは、患者が集まりやすい大病院にも広がってきた。重症者向け大病院の入院患者数はこの5年で4%減ったことが日本経済新聞の調べでわかった。今後も医療需要が想定以上に落ち込み、病床の需給バランスは一段と崩れる懸念がある。

【関連記事】過剰ベッド減らぬ病院 5年で14%増、医療費は膨張

■医療進歩、大病院の4割弱で減少

厚生労働省が公開している入院料が定額制の「DPC病院」のデータを分析した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。