昭栄化学、有害物質ゼロの半導体ナノ粒子 量子ドット

2019/3/4 11:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子部品材料の昭栄化学工業(東京・新宿)は、次世代ディスプレー技術の「量子ドット」に使う半導体ナノ粒子の性能向上に成功した。インジウムとリンを使った製法で、有害物質であるカドミウムを使う競合製品とほぼ同等の表示性能を実現できた。量産ラインをすでに構えており、今後、本格受注をみすえる。2020~21年の事業化をめざす。

量子ドットは液晶や有機ELに比べて鮮やかな色表現が期待できる次世代ディスプレー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]