中国5県景況判断、2月据え置き 日銀支店

2019/3/1 20:34
保存
共有
印刷
その他

中国5県の日銀4支店が1日発表した2019年2月の金融経済月報は、全支店が前月までの景況判断を据え置いた。自動車などの生産や個人消費が堅調で、安定した景気拡大が続くとする見方が多かった。10連休が与える好影響を期待する声もあった。

日銀広島支店では「住宅投資」と「公共投資」の判断を引き上げた。10月に予定されている消費増税を前に一部で駆け込み需要があったほか、西日本豪雨の復旧工事の需要が増えた。…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]