/

この記事は会員限定です

商都から「暮らす場」へ、まちづくり LRTの西側延伸期待

宇都宮中心街のゆくえ(下)

[有料会員限定]

商業施設が相次いで撤退する宇都宮の中心市街地だが、小さな変化は起きている。居住人口の増加と空き店舗の減少だ。

15日に宇都宮市の目抜き通り沿いに完成した栃木県内最高層のマンション「宇都宮ピークス」。市郊外で会計事務所を営む男性は「いつまでも車の運転はできない」と転居を決めた。再開発組合によると、市の環状道路沿いに自宅を持つ富裕層の購入が目立つという。

中心部への人口回帰はじわり進んでいる。201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン