波乱含みの公判へ ゴーン退場100日(ルポ迫真)

2019/3/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「無罪を確信している」。2月20日、東京・飯田橋の貸会議室に集まった国内外メディアの記者を前にして、弁護士、弘中惇一郎(73)は東京地検特捜部に"宣戦布告"した。

1週間前、新たに日産自動車元会長、カルロス・ゴーン(64)の弁護人に就いた弘中の異名は「無罪請負人」。ロス疑惑、薬害エイズ、郵便不正事件などで無罪を勝ち取り、「どこが相手方の立証の弱点か見抜く嗅覚は侮れない」と検察幹部も一目を置く存在…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]