/

この記事は会員限定です

中国は途上国から卒業を 米、WTO改革で提案

[有料会員限定]

スイスのジュネーブで2月28日に開かれた世界貿易機関(WTO)の一般理事会で、米国が中国などを念頭に、経済発展を遂げた国は「発展途上国」としての恩恵を受けられなくする規定の導入を提案した。仮に中国が途上国でなくなれば、通商交渉での立ち位置は大きく変わる。導入には加盟国全体の同意が必要で中国は反対しているが、議論は続きそうだ。

「月の裏側にロケットを飛ばした国を誰が途上国とみなすだろうか」

28日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン