9/24 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マイナンバー、21年に口座と連動 政府がデジタル化推進[有料会員限定]
  2. 2位: [FT]大手銀、新型コロナによる金相場変調で巨額の利益[有料会員限定]
  3. 3位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  4. 4位: ウォルマート、加速する無形資産シフト DXで生き残り[有料会員限定]
  5. 5位: 日本電産、隠れた優等生「機器装置」 不況期の支えに[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,256,259億円
  • 東証2部 67,895億円
  • ジャスダック 97,876億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.76倍24.95倍
株式益回り5.05%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

スクランブル

フォローする

均質化が招く相場増幅 ヘッジファンド、ETFが最大に
証券部 根本舞

2019/3/1 18:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年10~12月に世界的に急落した相場の戻りが鮮明になる中、ヘッジファンドの運用成績も改善している。だが、中身をみると果敢にリスクを取る姿からは遠い。直近で最も多く保有するのは個別株ではなく、S&P500種株価指数に連動する上場投資信託(ETF)だ。昨秋に米ハイテク株の急落で傷を負ったヘッジファンドは市場平均に負けない戦略に偏る。均質化が進めば今後の相場変動を増幅する懸念がある。

1日の日経平均…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム