2019年5月22日(水)

炭素繊維で北陸と連携加速 東レの日覚社長

北陸
2019/3/1 18:11
保存
共有
印刷
その他

東レの日覚昭広社長は1日、金沢市内で中期的な事業戦略を説明する記者会見を開いた。炭素繊維の分野で北陸の産学官と連携を進め「技術開発を通じて、北陸の新たな産業創出に貢献する」と強調した。

記者会見する東レの日覚昭広社長(中央)

金沢工業大学や石川県工業試験場などと連携して、炭素繊維を使った壁面パネルの建材などへの活用を進める。福井県やフクビ化学工業などとは、炭素繊維複合材料で古い橋梁を補強する技術開発に取り組む。

東レと北陸産地との取引状況については、発注額が増加傾向にあるという。繊維関連の事業者などとでつくる企業共同体「東レ合繊クラスター」を通じた企業連携が、付加価値の高い商品開発に寄与しているとした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報