/

塚田農場運営会社に課徴金 ブロイラーも「地鶏」表示

消費者庁は1日、チェーン展開する居酒屋「塚田農場」で、ブロイラーを使った料理があるのに全て地鶏を使用しているように表示したのは景品表示法違反(優良誤認)だとして、運営会社エー・ピーカンパニー(東京)に課徴金計981万円の納付を命じた。同庁は昨年5月に再発防止命令を出していた。

同庁によると、塚田農場ではメニューに「地鶏は野生の旨味」などと明記。全てのメニューで地鶏を使っているように思わせていたが、チキン南蛮やつくねにはブロイラーを使っており、それを理解させる特段の表示をしていなかった。

エー・ピーカンパニーは取材に「指摘を受け止め、信頼回復に努める」とし課徴金を納付する方針を明らかにした。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン