辺野古移設、続く難路 軟弱地盤で法廷闘争も
首相、工事推進を知事に伝達

2019/3/2 1:00
保存
共有
印刷
その他

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る2月の県民投票を受け、安倍晋三首相は1日、首相官邸で沖縄県の玉城デニー知事と会談した。玉城氏は移設反対という民意を後ろ盾に政府に工事中止を求めたものの、首相は従来の移設方針を崩さなかった。玉城氏は今後、法廷闘争も視野に入れる。政府にとっては移設工事は難路が続く。

玉城氏は会談で反対票が7割を超えたと説明し「民意が初めて明確にされたことは重要…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]