/

この記事は会員限定です

再エネ普及に送電線の壁 容量不足が各地で顕在化

(更新) [有料会員限定]

再生可能エネルギーが送電線の空き不足でつなげない問題が広がっている。東京電力ホールディングスの管内では茨城県で空きがなくなり、同社は工事費約300億円を投じて送電網の増強を検討している。ただ工期は約10年を見込み、新たに発電事業を行うには長期間、工事の完成を待つ必要がある。東北などでも送電網の空き不足が生じており、再生エネ普及の足かせになっている。

「茨城県で発電所の建設を計画していたが、時間がかかりそうだ」。太陽光発電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン