2019年3月26日(火)

再エネ普及に送電線の壁 容量不足が各地で顕在化

環境エネ・素材
2019/3/1 20:00 (2019/3/1 23:56更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生可能エネルギーが送電線の空き不足でつなげない問題が広がっている。東京電力ホールディングスの管内では茨城県で空きがなくなり、同社は工事費約300億円を投じて送電網の増強を検討している。ただ工期は約10年を見込み、新たに発電事業を行うには長期間、工事の完成を待つ必要がある。東北などでも送電網の空き不足が生じており、再生エネ普及の足かせになっている。

「茨城県で発電所の建設を計画していたが、時間が…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報