/

2月の新車販売、1.2%増 日産・スバルが「2人負け」

電気自動車「リーフ」の改良版を1月に発売したが日産自動車は低迷が続く

自動車販売の業界団体が1日発表した2月の国内新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月比1.2%増の47万9428台となり、2カ月連続の増加となった。乗用車8社では日産自動車が6.3%減の6万306台、SUBARU(スバル)も11.3%減の1万2079台となった。残る6社はプラスだった。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽協)がまとめた。

登録車(排気量660cc超)は1.3%増の30万410台と2カ月連続で前年同月を上回った。軽も1.0%増の17万9018台と8カ月連続でプラスとなった。ただ軽の乗用車はホンダのヒット車「N-BOX」の新車効果が一服した影響などで1.2%減り、軽貨物車の増加で補った。

ブランド別では日産が軽含めた全体で18年12月から3カ月連続で前年実績を割った。18年11月に逮捕された元会長のカルロス・ゴーン被告に関する一連の問題が影響したと見られる。1月に電気自動車(EV)「リーフ」の改良モデルを発売した登録車は5.5%減の4万2020台、軽も8.0%減の1万8286台だった。

日産は近く軽の主力車「デイズ」の全面改良車を発売する予定だ。14日には三菱自動車と出荷式を開く。落ち込む国内販売で反転の足がかりとなるか注目される。

完成検査問題が長引くスバルも、軽含めた全体で17年11月から16カ月連続で前年実績を下回った。1月には外部から調達する電動パワーステアリング部品に不具合が見つかり、群馬製作所(群馬県太田市)の稼働を一時期停止していた。

10月には消費税率が10%に引き上げられる。増税前の駆け込み需要について、全軽協は「軽乗用車がマイナスになっており、まだ始まってないのでは」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン