/

仏壇のはせがわ 飲食サービスに進出 自由が丘に出店へ

仏壇・仏具大手のはせがわは新規事業に乗り出す(横浜市の店舗)

仏壇・仏具販売大手のはせがわは6月上旬をメドに、飲食サービスを中心とした新規事業に乗り出すと発表した。東京・目黒の自由が丘で、店舗の出店を計画する。仏壇・仏具市場が縮小するなか、新たな収益源に育てる狙い。はせがわは1990年代に飲食事業などを手掛けて多角化した時期があったが、2000年前後に撤退し、本業に専念していた。

新規事業は「食」がテーマで、飲食サービスのほか、加工食品販売、雑貨販売を手がける。はせがわの顧客層は高齢者が中心。新規事業では若年層を開拓していく。「日本の生活文化」の発信をコンセプトに据える。

生活様式や価値観の変化が進むなか、仏壇・仏具など宗教用具を取り巻く事業環境は厳しくなってきている。小さく簡素な仏壇・仏具への需要が高まり、単価は下落傾向にある。また、長期的には人口減少による市場全体の縮小が予想される。

今回発表した飲食サービス事業への参入は今後進める「新規事業の開発」の第1弾。1990年代にはアジア地域でのアミューズメント施設の運営や、ホテル事業、賃貸事業など新領域に進出したがいずれも撤退した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン