/

インベブの前期、45%減益 新興国の通貨安など響く

【ジュネーブ=細川倫太郎】ビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)が28日発表した2018年12月期決算は、純利益が前の期比45%減の43億6800万ドル(約4800億円)だった。飲料の販売量が減ったほか、税負担などの費用が増加。新興国の通貨安も響き、減収減益となった。

2018年12月期決算は減収減益となった=ロイター

売上高は3%減の546億1900万ドル。ビールを含めた飲料の販売量は7%減だった。自社ブランドのビールはほぼ横ばいだったが、清涼飲料が落ち込んだ。地域別ではブラジルやアルゼンチンでビールの販売が低迷したほか、南アフリカは増税の影響で消費者が買い控えた。一方、欧州や中国、コロンビアなどでは市場シェアが拡大した。

インベブは19年の見通しについて「売り上げ、利益ともに堅調な収益を予測している」とコメントした。同社は16年、英国のSABミラーを約10兆円で買収し、世界シェアで3割近くを握った。ただ、これに伴い巨額の負債を抱えることになり、財務の重荷となっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン