/

この記事は会員限定です

再生医療を創薬に活用 スタートアップ参入相次ぐ

[有料会員限定]

難病や大きなケガの治療への応用が期待されるiPS細胞など再生医療技術を、医薬品の開発にも活用する動きが広がっている。再生医療技術はヒトの体内に近い状態を再現でき、動物実験よりも新薬候補の効果を確認しやすい。研究キットを供給するスタートアップが増えているほか、大手の参入も相次ぐ。これまで分析が難しかった難病の治療方法の確立にも弾みがつきそうだ。

再生医療はヒトの臓器や組織を再生させることで失われた機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン