新潟県内18年の外国人宿泊 延べ36万人で最多

2019/3/1 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観光庁が28日に発表した宿泊旅行統計調査(第2次速報値)によると、2018年に新潟県内で宿泊した外国人は前年比17%増の延べ36万8130人だった。スキー場への誘客や国際線の増便が寄与し、比較可能な11年以降で最多となった。ただ、近隣県と比べると少なさが目立ち、季節による客数の偏りや地域ごとの知名度の差といった課題も浮かんでいる。

新潟を訪れる外国人宿泊者数の多くは、東京から新幹線で訪れるスキー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]