仙台うみの杜水族館、3月からショー刷新

2019/2/28 19:53
保存
共有
印刷
その他

仙台うみの杜水族館(仙台市)は3月1日、イルカとアシカのショーにインコなどの鳥類も登場する新しいパフォーマンスを始める。ショーの刷新は2015年の開館以来初めて。

現在のイルカとアシカのみによるショーは2月24日で終了した。ショーに新しく加わるのは「アフリカワシミミズク」「ハリスホーク」「ルリコンゴウインコ」の鳥類3種。約20分のショー1回につき1種が登場する。イルカとアシカのショーに加え、鳥が観客の頭上を飛行するなどパフォーマンスする。

仙台うみの杜水族館は約1000人を収容できるスタンドを持ち、1日4~6回ショーを開いている。担当者は「鳥の羽音を身近に聞き、臨場感を味わってほしい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]