2019年5月22日(水)

聖マリアンナ医大が第三者委の設置決定 入試を調査

大学
2019/2/28 18:17
保存
共有
印刷
その他

聖マリアンナ医科大は28日、文部科学省から「不適切な可能性が高い」とされた医学部入試について、第三者委員会を設置することを決めた。大学の監事らによる監査の結果、不適切な入試はなかったとしていたが、同省の行政指導を受けて方針を転換した。

同省が2018年12月に公表した緊急調査結果によると、同大の入試では各高校が作成する受験生の調査書などを点数化する際、男子の平均点が女子の1.8~2.6倍、現役生の平均点が21歳以上と比べて3.5~15倍になっていた。

このため第三者委の設置を求めたが、同大は弁護士の監事らによる監査を実施。19日、男子や現役生を一律に優遇した事実は認められなかったと公表した。報告を受けた同省は説明が不十分で疑いが解消されていないとし、第三者委を設けるよう指導していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報