/

この記事は会員限定です

「空母」アジアで建造ラッシュ、海軍力・経済力の象徴

[有料会員限定]

最近、政治の世界では国内、国外ともに「空母」の話題が目立つ。政府は昨年末に決定した防衛計画の大綱(防衛大綱)で、戦闘機を離着陸できるよう護衛艦「いずも」型を改修する「事実上の空母化」を打ち出した。海外では中国の空母保有が関心事だ。国内外の空母をめぐる情勢を調べてみた。

英国の軍事専門書「ジェーン年鑑」によると、いま世界で空母を保有している国は米国、中国、英国、フランス、イタリア、ロシア、インド、タ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2165文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン