/

この記事は会員限定です

ゴーン元会長の保釈を請求 弁護人が東京地裁に

[有料会員限定]

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(64)の弁護人は28日、東京地裁に保釈を請求した。請求は3回目で、同地裁が保釈の可否を判断する。保釈が認められた場合も、検察が不服として準抗告する可能性がある。

ゴーン元会長は1月11日の追起訴後に2回、保釈を請求したが、いずれも同地裁が却下。逮捕後から弁護人を務めていた大鶴基成弁護士が2月13日に辞任し、新たに弘中惇一郎弁護士らを選任していた。

同地裁は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン