/

この記事は会員限定です

挙式費用すっきり革命 新興企業、3割安で切り込む

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

1~2月は結婚式の申し込みが増えるという。クリスマスにプロポーズをして親族への挨拶が終わる時期だからだが、少なくとも入籍者の3割は式を挙げない。式の費用や会場の評価を明確にすることでそうした潜在需要を掘り起こすスタートアップが増えている。冠婚葬祭ビジネスの商習慣に風穴を開けようとする動きが婚礼にも広がってきた。

ドリコムの創業メンバーが起業

約60カ所の式場、800種類以上の衣装、装花は400種、120パ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2226文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン