挙式費用すっきり革命 新興企業、3割安で切り込む

(1/2ページ)
2019/3/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1~2月は結婚式の申し込みが増えるという。クリスマスにプロポーズをして親族への挨拶が終わる時期だからだが、少なくとも入籍者の3割は式を挙げない。式の費用や会場の評価を明確にすることでそうした潜在需要を掘り起こすスタートアップが増えている。冠婚葬祭ビジネスの商習慣に風穴を開けようとする動きが婚礼にも広がってきた。

ドリコムの創業メンバーが起業

約60カ所の式場、800種類以上の衣装、装花は400種…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]