自民党もGAFA対策、力点は規制と育成 4月提言へ

2019/3/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党がグーグルなど米IT(情報技術)大手「GAFA」のデータ独占対策に乗り出した。政府による規制強化の動きと並行して進む検討作業は、岸田文雄政調会長が中心となり、新産業育成にも力点を置く。国内IT企業や関係団体に加え、GAFA側への意見聴取も調整している。4月をめどに対策をまとめ、安倍晋三首相に提言する。

2月27日、自民党競争政策調査会(伊藤達也会長)に日本IT団体連盟の専務理事、別所直哉氏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]