2019年9月15日(日)

ドコモ、タイ繊維工場でIoT実証実験 現場を遠隔監視

2019/2/28 14:39
保存
共有
印刷
その他

NTTドコモはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術をめぐり、繊維工場を遠隔監視するシステムの実証実験を27日からタイで始めた。工場内の各種センサーから集めた情報をクラウド上に蓄積する。工場管理者はスマートフォン(スマホ)などで工場の様子を確認でき、生産効率が高まる。今後は人工知能(AI)を使った修理点検などの保全業務も視野に入れる。

NTTドコモがセンサーに取り付ける通信機器

NTTドコモが2018年7月に始めたIoTのグローバル展開を支援する法人向けサービス「グロビオ」の一環。タイ中部にある帝人フロンティアのグループ会社の工場で実験する。圧力センサーなど30点に通信機器を取り付け、随時クラウドに操業情報を送信する。

将来は実験で蓄積したデータの活用を目指す。データの分析にAIを活用することで、設備の劣化や機器の故障を早めに通知できるようになるとみている。

NTTドコモは18年5月からタイのプラスチック工場向けに遠隔監視サービスを販売している。工場の「見える化」による生産性の向上が確認できたため、より大規模な繊維工場での実験に踏み切ることにした。

工場のIoT化は通信各社以外も参入し、競争が激しくなっている。NTTドコモは東南アジアでVPN(仮想私設網)を構築するなどセキュリティーに強みを持つ。

次世代高速通信規格「5G」が商用化されると、大量のデータを高速で送受信できるようになる。工場でのIoT活用は5G時代にサービスが本格化する分野の1つとみられている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。