/

この記事は会員限定です

外国人労働者と社会的統合(8) 留学生、就労目的多いと言えず

是川夕 国立社会保障・人口問題研究所室長

[有料会員限定]

近年の日本における外国人人口増加のけん引役の一つに留学生の増加を挙げることができます。厚生労働省の「外国人雇用状況の届出状況」では、留学生の資格外活動は外国人労働者全体の20.4%(2018年10月末)を占めています。これに対しては、留学生とはいうものの、実際には就労目的ではないか、といった論調もあります。この問題について、どのように捉えればよいでしょうか。

まず、15年の国勢調査を基に、日本人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン