人身取引36件摘発 AV強要も

2019/2/28 10:18
保存
共有
印刷
その他

アダルトビデオ(AV)への出演強要など金銭搾取を目的に売春や労働を強要する人身取引で、全国の警察が2018年に摘発したのは36件(前年比10件減)、40人(同10人増)だったことが28日、警察庁の集計で分かった。被害者は25人(同17人減)。

摘発したのは警視庁など14都府県警。40人の主な内訳は風俗店関係者が7人、暴力団関係者3人だった。

被害者を国別で見ると日本18人、フィリピン4人、タイ3人。大半が若い女性だった。最年少は事件当時9歳の女児で、裸を撮影し、動画を制作したとして児童買春・ポルノ禁止法違反容疑などで母親らが逮捕された。

AV出演強要では、モデル志望だった当時19歳の女性を制作会社に紹介したとして、職業安定法違反容疑で会社役員らが逮捕された。

警察庁は「会員制交流サイト(SNS)をきっかけに被害に遭った人もいる。甘い誘いに安易に乗らないようにしてほしい」と呼び掛けている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]