羽田利用客、最多の8733万人 18年インバウンド好調

2019/2/28 9:33
保存
共有
印刷
その他

国土交通省東京空港事務所は27日、2018年の羽田空港の乗降客数が前年から約200万人増え8733万人となり、過去最多を更新したとの集計結果を明らかにした。訪日外国人のインバウンド需要が反映されたことが主な要因とみられる。

国外に向かう人たちで混雑する羽田空港の国際線出発ロビー

国外に向かう人たちで混雑する羽田空港の国際線出発ロビー

集計によると、乗降客数の内訳は国内線が6936万人、国際線が1796万人。国内線は、台風の影響で欠航が相次いだ9月が前年同月比で下回ったが、国際線はすべての月で前年を上回った。発着回数は計45万3千回で、前年から横ばいだった。

東京空港事務所の担当者は「国際線の伸び率はここ数年に比べて下がったが、19年もラグビーワールドカップを控えており、利用増の可能性はある」と分析している。

訪日外国人の誘致を進める政府は、羽田空港の強化を進めている。20年には国際線の増便を予定しており、年間の発着回数を3万9千回程度増やす見込み。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]