2019年5月26日(日)

楽天・三木谷会長「無用な恐怖心与える」 公取委調査

経済
ネット・IT
2019/2/27 21:58
保存
共有
印刷
その他

楽天の三木谷浩史会長兼社長は27日、公正取引委員会が楽天など電子商取引(EC)企業の取引実態の調査に着手したことについて「ビジネスモデルが止まる危険性がある。事業者に無用な恐怖心を与えることはやめていただきたい」と批判的な見解を示した。スペインで開かれている世界最大の携帯関連見本市「MWC19バルセロナ」の記者会見で語った。

MWCの基調講演に登壇した楽天の三木谷浩史会長兼社長(27日、バルセロナ)

MWCの基調講演に登壇した楽天の三木谷浩史会長兼社長(27日、バルセロナ)

【関連記事】
アマゾンなど一斉調査 公取委が正式発表 強制調査「排除しない」
ECモール取引「優越的地位」判断急ぐ 公取委
プラットフォーマーと取引、企業の8割が不利益経験

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報