/

楽天・三木谷会長「無用な恐怖心与える」 公取委調査

楽天の三木谷浩史会長兼社長は27日、公正取引委員会が楽天など電子商取引(EC)企業の取引実態の調査に着手したことについて「ビジネスモデルが止まる危険性がある。事業者に無用な恐怖心を与えることはやめていただきたい」と批判的な見解を示した。スペインで開かれている世界最大の携帯関連見本市「MWC19バルセロナ」の記者会見で語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン