「安倍4選」可能性に言及 加藤総務会長

2019/2/27 21:00 (2019/2/27 22:31更新)
保存
共有
印刷
その他

自民党の加藤勝信総務会長は27日の都内の講演で、安倍晋三首相の党総裁連続4選の可能性に言及した。「首相がどう判断するかわからない」としたうえで「国民から『さらに』という声が出てくれば、後々の状況は生まれてくるかもしれない」と述べた。総裁の連続4選には党則改正が必要だが、二階派などからは容認論が出ている。

夏の参院選に合わせた衆参同日選の可能性では「参院選で負けそうだから衆院でも選挙をしてひっくり返せるほど単純なものではない」と指摘した。「ただ党内には『常に備えておけ』としっかり言っていく必要がある」とも述べた。

自身が「ポスト安倍」候補の一人に挙げられていることには「常に高みを目指すべく努力していきたい」と語り、改めて意欲を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]