2019年5月21日(火)

その他スポーツ

錦織圭 体格の差克服、米の「囚人キャンプ」
テニス進化論(4)

テニス進化論
(1/2ページ)
2019/3/3 2:03 (2019/3/7 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

錦織圭(日清食品)ほど、日本のテニス界に刺激を与えた選手はいないだろう。身長178センチは、世界はもちろん、日本選手の中でもさほど大きくない。日本テニス協会に残る12歳前後の時期の体力データも決して高くなく、彼を上回る選手はいくらでもいた。そんな選手が世界のトップ10に入って存在感を見せているのだから、周囲に与える影響は大きい。

そんな親近感がよかったか。錦織の登場以降、それに引っ張られるように、5歳上の添田豪、1歳年長の伊藤竜馬、杉田祐一らが相次いでトップ100に入り、年下のダニエル太郎、西岡良仁と杉田がツアー優勝を手にした。錦織がプロデビューして13年目となった2019年、全豪オープンには3人が予選なしで本戦に出場した。常に先行していた女子が大坂なおみ(日清食品)1人だけだったのにである。

1998年にジュニア世代の強化プログラム「修造チャレンジ」を立ち上げた松岡修造(「『僕は貴公子じゃない』松岡修造、熱くしたたかに」参照)の目標は「僕が死ぬまでに、世界トップ100に4~5人が入り、ウィンブルドン選手権のセンターコートに日本人が立つこと」だった。既に2つとも実現している。現在の男子の隆盛ぶりは松岡も想像していなかったということになる。

島根県松江市に生まれた錦織は、父・清志がハワイ土産に買ってきた子供用ラケットを手にして、5歳でテニスを始めた。「ファミリーでテニスができたら楽しいな」という程度の軽い気持ちで手ほどきを始めた清志はすぐに我が子の筋の良さに驚き…

テニスコラム

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

トレイルブレーザーズ戦でシュートを放つウォリアーズのカリー=中央(20日、ポートランド)=ゲッティ共同

 【ニューヨーク=共同】米プロバスケットボールNBAのプレーオフ、西カンファレンス決勝(7回戦制)は20日、ポートランドで第4戦が行われ、3連覇を狙うウォリアーズが延長の末、トレイルブレーザーズを11 …続き (15:34)

 2018年平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む五つのメダルを獲得した村岡桃佳が、20年東京大会出場を見据え、陸上に挑戦することが20日、関係者の話で分かった。来月の日本パラ陸上選 …続き (15:34)

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会などとの第8回合同会議が21日、始まった。初日は会場視察が行われ、IOCのコーツ調整委員長や組織委の森 …続き (12:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]