/

山形の玉谷製麺所、バラの香りの「ローズパスタ」発売

玉谷製麺所(山形県西川町)は27日、バラの香りがする「ローズパスタ」を発売した。全国有数のバラ公園がある山形県村山市産の無農薬栽培の食用バラを使用。エキスではなく花びらそのものを使うことで、食べる時に香りが広がるようにした。

バラの花びらを練り込んだたハート型のローズパスタ

県の土産品開発の助成金をうけ、県工業技術センターや栽培農家、ホテルの料理長などと開発を進めてきた。バラの花びらをミキサーにかけてパスタに詰め込んだのが特徴だ。

香料を使わずに商品化するのは珍しく、大都市圏のバイヤーからも引き合いがあるという。価格は100グラム入り税抜き700円でまず県内の道の駅などで販売する。

村山市はバラが特産品という縁でブルガリアの新体操ナショナルチームを受け入れている。東京五輪のホストタウンとして活動する自治体を表彰する2月に開かれたコンクールでは全国1位を獲得した。ローズパスタも新たな土産品として浸透を図る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン