2019年6月20日(木)

豊田通商など5社、HV基幹部品を再利用し小型EV

2019/2/27 19:13
保存
共有
印刷
その他

豊田通商や電気自動車開発のEVジャパン(大阪府豊中市)、講談社など5社は27日、使用済みのハイブリッド車(HV)の基幹部品を再利用した小型電気自動車(EV)を生産、販売する事業を年内に始めると発表した。まずは観光地を走るEVカートとして活用を見込む。電動車の需要が拡大するなか、使用済みの車両から回収した電池などの再利用の仕組みづくりが課題となっており、モデル事例につなげる。

豊田通商など5社が展開する小型カート((C)TEZUKA PRODUCTIONS)

今回の事業では使用済みのHV「プリウス」から、モーターや電子制御ユニット(ECU)、電池など5種類の基幹部品を取り出す。これらに搭載されたソフトウエアなどを他の用途で使えるように変更した上で活用し、低速で走る小型のEVカートとして販売していく計画だ。

講談社が展開するコミュニケーション・ロボットを使い、地域情報などを伝えるコンテンツもカートで提供する。観光地を走るカートとして使い、場所を案内してくれる機能などを想定する。

EVカートの組み立てやメンテナンスは、自動車解体・整備業者が担う計画で、地域の産業創出にもつなげる考えだ。EVカートを第1弾とし、観光地の周遊バスや農業用軽トラックも展開することも検討していく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報