プラント大手3度目の危機 シェール活況で背伸び受注

2019/2/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日揮や千代田化工建設、東洋エンジニアリングといったプラント建設大手が、業績悪化からの再起へ苦闘している。火種はシェールガス開発に沸く北米案件の採算割れ。アジアや中東での幾たびの危機で鍛え上げたはずのコスト管理術は先進国の人手不足に阻まれ発揮できず、復活の道程はまだら模様だ。次の収益源の確保へ各社が積極受注に動き始めるなか、今回の危機を乗り越え、進化することができるか。

「現場作業員の定着率が改善…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]