/

田畑毅衆院議員、議員辞職願を提出 女性問題で自民離党

田畑毅衆院議員=共同

女性問題で自民党を離党した田畑毅衆院議員(比例東海)は27日、衆院に議員辞職願を提出した。当時交際していた名古屋市の女性から準強制性交容疑で愛知県警に刑事告訴されていた。早ければ週内に開く衆院本会議で辞職が許可される見通し。田畑氏は当選3回。自民党で二階派に所属していたが離党届を提出し21日に受理されていた。

議員辞職が許可されれば、2017年衆院選比例東海ブロックの自民党名簿に従い、元職の吉川赳氏が繰り上げ当選する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン