/

この記事は会員限定です

東急電鉄「何をするにも紙」脱却、20代が改革主導

[有料会員限定]
日経コンピュータ

東京急行電鉄は手書きの紙を中心とした乗務員管理からの脱却に挑んだ。国土交通省から効率化の余地を指摘され、業務改善とシステム化に乗り出した。短期間で開発と検証を繰り返すアジャイル型を採用、20代の若手が業務改革を主導した。

乗務員管理を電子化

IT(情報技術)を活用して利便性の高い移動手段を提供する「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス、マース)」に参入するなどデジタル分野に意欲を見せる大手私鉄の東急電鉄。新規事業に乗り出せ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン