/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃、研究者の保護を 北條孝佳氏

弁護士

[有料会員限定]

サイバー空間における技術革新や安全確保に向け、企業や大学などの研究活動が活発になっている。だが、脅威や攻撃の実態を調べる研究は、時に研究者自身が法律に抵触し、摘発の対象となる可能性もある。かつて警察庁でサイバー攻撃に関する技術解析を担い、現在は企業や団体を法務面で支援している立場から、セキュリティー対策を検討する研究者が被りかねない法的リスクを論じたい。

セキュリティー研究を進める際、システムなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン