2019年8月20日(火)

モラトリアム法10年目 亀井元金融相「銀行の低収益、自業自得」
三菱モルガンの笹島氏「金利の値付け機能を破壊」

2019/2/27 20:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小企業金融円滑化法(通称モラトリアム法)が2009年12月に施行されてから10年目に入った。13年3月末の終了後も、返済猶予した企業を不良債権ではなく正常債権として区分できる「金融検査マニュアル」の例外規定は残る。企業の資金繰りを改善させた一方、新陳代謝を妨げたとの批判も多い。制定を主導した亀井静香・元金融担当相と、銀行業界を30年来分析してきた三菱UFJモルガン・スタンレー証券の笹島勝人氏に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。