中国の雇用、進む調整 30社聞き取り、3割が採用抑制
賃金圧縮、消費の重荷に

2019/2/27 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】景気減速を背景に中国の雇用調整が進み始めている。江蘇省や上海市などで事業を展開する企業を対象とする聞き取り調査では、30社のうち約3割が2019年の採用を1年前より減らすと回答。残業減少を理由に賃金が前年を下回るという企業もある。現時点では失業問題に発展するほど深刻ではないようだが、雇用環境の悪化が消費の重荷になる状況は長引きそうだ。

21日に江蘇省昆山の人材センターで開かれた企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]