/

アサヒ、宮城峡蒸溜所で貯蔵庫増設 原酒不足で

アサヒビールは傘下でウイスキーを手掛ける宮城峡蒸溜所(仙台市)で原酒の貯蔵庫を2021年までに増設すると発表した。投資額は未定だが、同地での貯蔵能力は4割増える見込み。アサヒを含めて国内では国産ウイスキーの需要が急拡大して原酒が不足する。同社は蒸留能力をすでに引き上げており、貯蔵設備の増設で増産体制を整える。

投資するのは、子会社ニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所。設備増強を進めており、15~17年にかけニッカ全体で60億円を設備投資。ウイスキーの需要が落ち込んで休止していた蒸留設備の1系統を再稼働していた。ほか、原酒を入れて熟成する樽(たる)の調達を進めてきた。

宮城峡蒸溜所が5月に迎える設立50周年を記念し、数量限定商品を3月12日に発売すると発表した。「シングルモルト宮城峡 リミテッドエディション2019」など2商品を売り出す。

これらの商品は熟成期間最大50年以上など長期に寝かせた複数の原酒を組み合わせ、複雑な味わいに仕上げた。2商品で計1400本販売する。参考小売価格で税別30万円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン