2019年6月18日(火)

ダイソン、吸引力が20%向上のロボット掃除機を発売

2019/2/27 14:49
保存
共有
印刷
その他

ダイソンの日本法人は27日、最新の高速デジタルモーターを搭載して従来機より吸引力を20%向上させたロボット掃除機の新製品を国内の直販店で売り始めたと発表した。カメラやセンサーを使って室内の地図を作り、自身の位置を把握しながら効率よく部屋を掃除する機能がある。

これまでに蓄積したモーター技術で吸引力を高めたダイソンのロボット掃除機

ロボット掃除機は国内外の多くのメーカーが商品化し、競争が激しい。ダイソンは「掃除機能に特化したロボットであることを前面に打ち出していく」という。

製品名は「ダイソン 360 ヒューリスト」。これまでに掃除機や扇風機などで培ったモーター技術が吸引力の向上に生きている。ロボット掃除機が部屋の間取りを把握すると、最も適したルートを選べるようになる利点があるという。

スマートフォン(スマホ)のアプリなどを使った遠隔操作にも対応する。オープン価格だが実売は12万円前後を見込む。

日本を含む世界のロボット掃除機市場では「ルンバ」を展開する米アイロボットが高いシェアを握っている。一方でダイソンは、手軽に使えるスティック型掃除機などに強みがある。

製品開発に携わったシニアデザインエンジニアのジェームズ・カーズウェル氏は「ダイソンの強みはモーター。他社製品よりもしっかり掃除ができるロボットであることを打ち出していく」という。利用者層については「子供がいる家庭や仕事をしている人など、様々な人に使ってほしい」と話した。

(増田有莉)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報