「社長より高い給料も」 富士通、田中社長の反攻策
富士通復活シナリオ(下)

2019/3/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「富士通は大企業病で保守的だ」――。日経コンピュータの取材に応じた田中達也社長は社長就任後の3年半を振り返り、事業強化策がうまく進まなかった事実を認めた。今後どう反転攻勢に出るのか。本人の独白から探る。

【前回記事】「富士通も大企業病だ」 田中社長の誤算

■選ばれる3つの条件

反攻の象徴が人工知能(AI)関連事業のグローバルでの戦略策定や実行を担う子会社FUJITSU Intelligence Te…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]